肌がきれいだと清潔感がある

肌にコンプレックスをお持ちの方は多いと思います。お肌の曲がり角は25歳と言われます。それまでの肌は傷ついても自己再生力が高くちょっとやそっとでは大きなダメージを肌に残さないものです。でもこの25歳という年齢を過ぎると、だんだん肌って活性力が無くなっていくのだそうです。とはいってもそれもお手入れ次第で変わります。今は「美魔女」という言葉がもてはやされるように、40代になっても20代のころの肌と変わらないような美しい陶器のような肌を持っている人もいます。羨ましいですよね。そのような方はお肌のケアにとても気を使っていらっしゃいます。時にはちょっと行き過ぎているかな、と思うような肌にプラセンタの注入等もしている方もいらっしゃいますが…、とにかく、肌は手入れ次第で変わるものなのです。

肌がきれいになりたいのなら絶対にした方が良いことがあります。それは良質の睡眠を取ることです。例え食事を一回抜いたとしても次の食事で栄養を補うことは可能です。肌に大きな影響がすぐに出る、という訳ではありません。でも丸一日寝ないで過ごすことは人間にはほぼ不可能です。一日寝ないと体調が壊れていくものです。睡眠って本当に大切で寝ないで過ごせるように人間の体は作られていないのです。睡眠が足りていないと肌はすぐに荒れます。あっという間に荒れてしまいます。クマが出来るのも、成人女性ならあっという間です。人の肌は寝ている間に回復していきます。ですから睡眠って本当に大切なのです。

肌がきれいだと人から好感を持って貰えます。清潔感があるように思って貰えます。というのも肌が綺麗であるためにはしっかりと食事をしたり、睡眠をしっかりと取らないと出来ない事だからです。毎日の生活を正しくしっかりと規律を守っていないと肌って綺麗に保てないのです。肌がきれいない人はつまりそれが出来ている、という事ですよね。

あなたが、肌がきれいな人に好感を持つように、あなたも人から好感を持って貰えるような肌作りをしましょう。肌が人に与えるイメージってあなたが思うよりも大きいものです。
http://xn--u9j1p902mba199idtrq60b.xyz/

笑顔に自信をもつために

顔の表情はその人の気持ちを表すのにとても大きな働きをする体の部分です。顔の表情が貧しいと、この人は元気が無いのではないのかしら…、や、ちょっととっつきにくい人かしら、などといったマイナスのイメージを人に与えます。つまり何も悪いことをしていないのに、損してしまうという事に繋がります。これってあまり良くないのではないのでしょうか!?何か悪いことをしてマイナスのイメージを持たれるのならわかりますが、何もしていないのにマイナスのイメージを持たれてしまうなんて…。

これとは逆に常に笑顔で良い顔をしていると人から好印象を持って貰えます。常に笑顔でいるという事は実はとても難しい事です。心の中に笑顔になれる要素が無いと笑顔で常にいることはできませんから。笑顔の練習…、ということも時に講習会が開かれ積極的に練習されることもありますが、でも普通に考えて笑顔で常にいようと思うと、心の中にある闇をすべて追い出さなくては出来ない事です。そう思うと笑顔の練習って効果はあるのでしょうか!?疑問を感じますね。

常に笑顔でいる秘訣は心の闇を持たないことです。心が晴れ晴れしている事が必須です。そうでないと作り笑いになってしまいますから。作り笑いほど気持ちの悪いものはありません。作り笑いほど人に不気味な心を持たせてしまう事はありません。作り笑いではない本物の笑顔で常にいたいのなら心の中をきれいに保つようにしましょう。笑顔に自信を持つためには、そんな努力が必要なのです。

自分に自信を持つことが本当の笑顔になれる第一歩なのかもしれません。自分に自信を持つためには、自分のしている事に対して常に肯定できるようにしましょう、自分のやっている事に猜疑心を持たないように、否定しないように、常に肯定的なイメージを持つようにしましょう。これで大分自分の行動に自信が持てるようになれます。「ちょっとな~…」と思うようなことをしないことです。これは何に対してもいえる事です。自分のしている事に対して肯定的に思う事、それが自分に自信を持てるようになる第一歩で、この積み重ねが自分の笑顔に自信を持って行けるルートになるはずです。

自信がある人はいきいきしている

自分に自信がある人は努力を怠らない人です。常に自分の価値を上げるための努力をしていて、努力をしているからこそイキイキと光って輝いているのです。そんな人に誰しもがなりたいわけですが…、実際のところそれはなかなか難しいものです。自信がある人は自身がある人です。自分のやりたい事、自分の思いや信念をしっかりと持っている人。夢に向かって何かをしている人かも知れません。

自信を持ちたいのなら、自信を持って輝いている自分を想像しましょう。そしてそんな自分であるためには何が欠けているか、何が今の自分には足りないかを考えましょう。それって実はとっても大切な事なのですよ。毎日何をすべきか、自分は将来どうありたいのか考えずに毎日過ごしている、生きている人がどれほど沢山いるか!毎日を有効に使えないで自堕落に過ごしている人がどれほど多い事か!毎日イキイキを過ごしたいのなら、向上力を持つことです。自分にすべきことを課すことです。

自信を持ちたいのなら出来る事を精一杯するのが良いでしょう。もうこれ以上は出来ない、もうこれ以上は良い方法を思いつかない、頭で思いつくことは全て試した…というタイプの方、考え方が出来て実際に行動できる方。自信を持っている方というのは絶対に何かしらの努力をしているものなのです。その努力の方法をちょっと真似することが出来れば、自信の無いあなたも自信があってイキイキと毎日過ごしている誰かに近づくことが出来るはずです!

小学生の頃は地味なタイプだった人が大人になってからとっても輝いているという人がいます。こういうタイプは辞意な自分から、何か夢中になれるものを見出してそれに向かって一生懸命頑張った人です。わき目も触れず頑張る事がその人を輝かせることになったのです。そう、何かをがんばれる人、努力できる人こそがイキイキと毎日を過ごせる人なのです。努力したら必ず結果はついてくるものです。大切なのはどのように努力するか、という事です!

人を惹きつける笑顔の秘密

第一印象を左右する、私たちの「笑顔」。第一印象で、好感を持ってもらうためにも、また仕事などで好印象を残すためにも、「笑顔」の練習をしてみませんか?!

<どんな笑顔が好印象?!>
普通に笑顔を作っているつもりだけど、特に好印象を持たれたことがない、という方は、笑顔のポイントを押さえてみましょう。人が好感を持つ笑顔、というのは、「目じりが下がっている」、「口角が上に上がって”逆かまぼこ型”になっている」「上の歯が見えている」、「笑ったときの頬が左右バランスよく上に上がっている」のがポイントだそう。

<印象的な笑顔の作り方>
印象的な笑顔、好印象な笑顔を作りたい方は、笑顔を作るときにちょっとしたコツを駆使してみてください。笑顔のコツ、としては、まず笑顔を作るときに相手の目を見て笑うこと、両方の口角を上げること、ストレッチなどを軽くして置いて、努めて明るいことを考えながら笑いかけるのがベストといわれています。

<笑顔の練習をする>
例えば面接などがある場合、事前に家族や友人にお願いして、笑顔の練習をしてみましょう。口角が上がっているか、明るい表情になっているかもチェックしてもらうのがポイント。恥ずかしくって笑っちゃったら、その自然な笑顔を意識してみてくださいね!

自分で鏡を見ながら、自分の笑顔をチェックしてみるのもよいでしょう。
スマートフォンでも、自撮りモードにして笑顔を実際写真に撮ってみると、口角の癖などをチェックできますね。

<お口のエチケットは徹底する>
せっかく良い笑顔になっても、歯が黄ばんでいたり、虫歯があったり、歯が欠けてしまっていたり、口臭が酷かったりしては幻滅してしまいますよね。笑顔の練習の前に、歯のホワイトニングなどをしておくと安心ですね。もちろん、口臭の元にもなりますので虫歯はゼロにし、さらに人と会う前は口臭予防サプリなどを付けておけば、完璧ですね!

印象的な笑顔を目指して、ちょっとだけポイントを押さえて第一印象ばっちりになりましょう★

ホワイトニングが気になりだしたら⇒歯を白くする研究所

第一印象をよくする方法は

誰もがみな、第一印象を良くして、人に好感をもたれたいって思っていますよね?別に人からどう思われていても構わない、というかたも、できれば第一印象を良くして人間関係をスムーズにさせたほうが、いろいろ恩恵が受けられるかもしれません。そこでここでは、第一印象をよくするために心がけたいことについて触れています。

<第一印象をよくするためのポイント>
〇挨拶
第一印象を左右するといっても過言ではないのは、挨拶です。明るくはきはきと、微笑みながら挨拶をされると、人は嫌な気分にはなりませんよね。その際は姿勢を正して、握手をする場合は、しっかり相手の手をグッと握る、これだけでも印象はずっとアップするものです。
逆におどおどした挨拶、目を合わさない挨拶は第一印象が悪くなってしまうので気を付けたいものです。

〇表情
挨拶の次に大切なのは、表情です!そう、第一印象をよくするには、むすっとした表情、無表情、おどおどした自信なさそうな表情、キョドっていると思わせてしまうような表情はNG。おおらかな気持ちで、にっこり、明るい顔で接しましょう。例えば、宝くじが当たったら、どんな表情になりますか?明るい表情になるのでは?そんな表情で、初対面の方に接すると好印象を持ってもらえるようです。無理せず、自然体で明るく、が基本ですね。

〇身だしなみ
第一印象で大切なのは、清潔感。清潔感がない方は、どんなに明るくても「感じはいいけど…」となってしまいます。できれば歯は白く、爪は短く切りそろえられている、さらにシワやシミのないお洋服に、ヘアも完璧、口臭もOKを目指しましょう。爪の中が汚れている、爪が伸びている、ヘアが油でべったり、口臭が最悪、なんてことになってしまったら、「生理的に嫌」と分類される人になってしまう恐れも!毎日の習慣として、朝は爪のチェック、鼻毛のチェック、歯のチェック、髪のチェックはして、心配なら口臭予防にミントのガムなどをかむとよいでしょう。

第一印象で得する人・損する人

みなさん、私たち人間は、第1印象ってどのくらいで決まると思いますか?初めて会って、数秒で決めてしまうそうです!

この人とは合いそうだな、合わなさそうだなというのは、実際瞬間的に決めているかも、と
実感する方もいらっしゃるかもしれませんが、できれば第一印象が良い人間にん羅いたいものですよね。

そこでここでは、第一印象で得する人・損する人について、見ていってみましょう。

<第1印象で得する人の特徴>
・姿勢/話し方/歩き方
第1印象で得する人の特徴として、まず挙げられるのは姿勢と、話し方、挨拶、歩き方が挙げられるのです。

・笑顔が魅力的
笑顔が印象的、気持ちの良い笑顔であれば、さらに〇。笑顔が素敵な人は、第一印象もグッとよくなりますよね。

・清潔感がある
清潔感がある人は、第一印象がよくなりますよね!髪形もさらさら、爪もキレイに切りそろえられている、洋服にはしっかりアイロンがかかっている、襟の汚れ、服のシミにも気を付けてください。また細かいことかもしれませんが、ハンカチもピチッとアイロンがかかっていれば、見ていて気持ちが良いですものね。
枝毛のある髪、ぱさぱさの髪は男女ともにNGです!

・ムダ毛処理をしている
眉毛、鼻毛もしっかり手入れされていれば、安心ですね!

<第1印象で損する人の特徴>
・姿勢が悪い/話し方/歩き方が残念な人
第一印象で損する人は、まず姿勢が猫背で、話し方も自信なさげにぼそぼそ、さらに挨拶もはきはきとしておらず、歩き方もおどおど…。そんな人に良い印象を持つのはちょっと難しいですよね。

・笑顔がない
不愛想な人は、第一印象が最悪といえるようです。満面の笑顔ではなくても、練習して徐々にさりげなく笑顔になれるようがんばってみましょう。

・清潔感がない
服がよれよれ、しわしわ、シミや汚れがある状態では、第一印象は「不潔な人」になりますよね。ヘアスタイルにも、ぱさぱさ、枝毛以外にフケなどのチェックもしましょう。

・ムダ毛処理をしていない
鼻毛が伸び放題、眉毛がボサボサ…では、第一印象が「無頓着な人」になってしまいます。できれば普段から、せめて3日に1回は鏡で確認するようにしましょう。